勤務型で成功するために

社会保険労務士に合格して働くなら、勤務型と開業型の柱があります。勤務型の 社会保険労務士になるなら、自分の希望に合った求人を見つけて合格することを目指すわけです。
国家資格試験合格後に、就職試験に合格しないといけないと思うとつらいですが うまく求人を見つけて利用すれば、社会的地位の高い勤務型社会保険労務士になれます
実は勤務型社会保険労務士のいい求人を獲得するには、早期にやったほうがいい行動があります。

勤務型の社会保険労務士になった場合、企業に所属して そこの社員の労務関係の手続きをすることが一般的な進路となっています。
ただし、なかなか求人が多いというわけではありません。
ハローワーク等ではWebシステムを使って簡単に仕事の検索ができますが、 「社会保険労務士」「社労士」といったワードで検索しても引っかかる求人は かなり少ないはずです。さてどうやって求人を確保したらいいでしょうか。

・試験に受かる前から、周辺の企業の状況を探っておく
登録してから求人を探してもそう簡単に見つからないことも就職試験が 思うように進まないことも多いわけですがそれは一般の求人・就職と同じです。
何ヶ月もかかっても異常ではありません。

受験勉強中に合格後の就職の準備をするなんておかしいかもしれませんが、 数歩先の行動をとることは悪いものではありません。

・最初は社会保険労務士と関係のありそうな業務で食いつなぐことも考える
社会保険労務士の学校の講師や、労務関係の事務作業等の仕事だったら、 派遣や契約社員、パート勤務等で見つかる可能性も少し高くなります。
正社員としての就業が遠のきそうに見えるでしょうが、 数ヶ月無収入になったり履歴書の空白期間ができたりすることを防ぐ効果もあります

・経営等のコンサルティング企業や、総務関連のアウトソーシング会社も視界に入れる
勤務型社会保険労務士の求人というと、企業の総務部や人事部、あるいは経理部等が 普通でしたが、現在では、それらの業務を外注する企業も出てきています
これらの業務をアウトソーシングという形で専門的に請け負う会社はまだ少数ですが いずれ当たり前の存在になる可能性もあります。経営コンサルティング会社でも 社会保険労務士の資格者を優遇する例が増えてきています
こういった、新しい方面での求人もよく吟味したほうがいいでしょう。

・転職コンサルタントを利用する
おそらくこれが今だったらいちばん有用でしょう。
個人の就職活動には限度がありますが、転職コンサルタントなら、 表に出ていない企業の求人も斡旋してくれます

勤務型社会保険労務士の求人は、何もしないでいると本当に見つからないものです。
合格を目指す段階から、(将来勤務型を選びたいなら)どんなところから求人を見つけるか 考えておいたほうが安全でしょう。

tags: 社会保険労務士,求人

>>知識がなくても短期間で社労士に一発合格する方法