合格後の年収はいくらに?

社会保険労務士に合格できたら、さて苦労はどれくらい報われるでしょうか、特に年収が どれくらいふくらむのかここから詳しく説明しましょう。

社会保険労務士試験に合格したら、事務指定講習等や登録手続きを済ませることで 晴れて社会保険労務士と名乗ることができます。

社会保険労務士の資格があちこちで注目されるのは、 今をときめく職業になったからですが、年収が高いというイメージがあることも大きいでしょう。
それで社会保険労務士の年収は、ときどきアンケートが実施されています。
650万円くらいの年収になるというデータもあるでしょうか。
これくらいの年収だったら、そのへんのサラリーマンやOLと大差なく見えるかもしれません。
ただしこれは、社会保険労務士の年収がバラバラなことを頭に置いて見ないといけません。

まず、実際に社会保険労務士として活動していない(のに、登録はしている)人たちも 入っています。それから、開業をしたものの途中で断念したり、または開店休業状態になったり している人たちもいます。これは個人の事情もありますから、 「うまくいかない社会保険労務士が多い」という意味ではありません。

何よりも勤務型の社会保険労務士の場合、企業の給与体系に従いますから、年収は とても安定しますよほどのことがない限り、低年収に落ち込むことはありません
ただし同年代の平均的な会社員よりもとても高い年収を受け取ることはあまり期待できません (資格手当がつくといったメリットはありますが)。

勤務型と対極にあるのが開業型の社会保険労務士でしょう。
個人の裁量で年収も何もかもが変わります。
開業型社会保険労務士の年収は、数年で500万円を超えることもまれではないですし、 30代のうちに1000万円近くに達する例もけっこうあります場合によってはそれを超えることも)。
下を見たらきりがありませんが、今では失敗しないようにするための方策もよく研究され、 ネットを通じたり若い社会保険労務士同士の交流会を通じたりして啓蒙されています

社会保険労務士は、合格率の壁は高いですが、 その壁を超える価値はたっぷりとある資格で、年収を見てもそのことは顕著です。
次のページからは、勤務型と開業型とでどうすればうまくやっていけるのかを説明しましょう。

tags: 社会保険労務士,年収

>>知識がなくても短期間で社労士に一発合格する方法