過去問題が大切な理由

社会保険労務士の試験問題はややこしく書かれています。それに科目もいくつもありますが、 実はその例年の試験の過去問題が、社会保険労務士受験者にとっては宝の山となることを ご存じでしょうか?

社会保険労務士の試験問題は、社会保険制度と法令に関する問題のオンパレードで、 覚えないといけないことがすさまじく多いのが、 予備知識なしで受ける一般の受験者にとっては困りものです。
社会保険労務士の試験問題や、市販されている教科書等をちょっとのぞき込んだ結果、 「これは自分には無理だ」と感じて受験をあきらめてしまう人は 昔も今も変わらずわんさといるようです。

しかし、社会保険労務士の試験問題を解く力を最短距離で養う方法、 社会保険労務士の試験勉強に弾みをつけて、やる気を起こさせる方法があります。
それは、社会保険労務士の過去問題を活用しまくることです。

社会保険労務士の過去問題を手に入れたら、まず2年分くらいを対比させてみてください。
過去問題をよく見ていくと、どの年にも似たような部分が 繰り返し出されていることがわかるはずです。

教科書等を先に開けてしまうと、各ページに書かれている情報量のすさまじさに やる気が委縮してしまうかもしれません。
しかし試験に何度も出ている部分が見えてきたら、どうでしょうか?
まずそこは率先して覚えたほうがいいことは明白ですね。

実は社会保険労務士の試験では、よく出る部分がどの科目にもあるような状態です。
合格率が毎年ちょっとずつしか変動しないのはいろいろな原因によりますが、 ひとつにはこの試験問題の出題傾向があまり変わらないことにもあります。
このことが意味するのは、「社会保険労務士の試験では過去問題を よく見て解いてきた人たちが報われるようにされている」ということです。

社会保険労務士の過去問題を何年分も解き続けることは、 頻出範囲を知ることでさまざまな対策を立てられることにもつながりますし、 本番の試験の予行練習にもつながります。
何よりも、ただ教科書や六法を読むという単調でつらい勉強をするよりも、初心者にとってすごくやりやすい勉強法をもたらしてくれます

社会保険労務士のことを何も知らなかった人がストレート合格するには、過去問題を 優先する勉強が不可欠だとよく覚えておいてください。
通信講座等では、過去問題の研究専用のコースも用意されていますから、 これを利用すると本格的な過去問題の利用ができます

tags: 社会保険労務士,過去問題

>>知識がなくても短期間で社労士に一発合格する方法